緑茶のカフェイン量は?妊娠中や幼児は飲んでも大丈夫?

コーヒーにはカフェインが入っているので眠気覚ましや集中力アップ目的に飲む人が多いのではないでしょうか。

緑茶にはコーヒーのようにカフェインが入っているイメージがないかもしれませんが、緑茶にもカフェインは含まれています。

 


緑茶にカフェインが入っているなんて知らなかった!という人も意外といるんだね

 

ここでは緑茶のカフェイン量や効果、妊娠中や授乳中に体に与える影響、幼児や子供は飲んでも大丈夫なのかなどについて紹介していきます。

緑茶のカフェイン量はどのくらい?

日本茶には煎茶・玄米茶・玉露・ほうじ茶などたくさんの種類がありますますが、お茶の種類によってカフェイン量は違います。

一般的に緑茶といわれている日本茶は煎茶をさすことが多いので、ここでは煎茶を緑茶としてお話していきます。

コーヒーと比べるとどのくらい違うのか見てみましょう。

 

・煎茶 20mg/100ml  浸出法:茶10g、90℃430ml、1分

・玉露 160mg/100ml  浸出法:茶10g、60℃60ml、2.5分

・玄米茶 10mg/100ml  浸出法:茶15g、90℃650ml 、0.5分

・ほうじ茶 20mg/100ml  浸出法:茶15g、90℃650ml、0.5分

・紅茶 30mg/100ml  浸出法:茶5g、熱湯360ml、1.5~4分

・コーヒー 60mg/100ml  浸出法:コーヒー粉末10g、熱湯150ml

参照:日本食品標準成分表 2015年版(7訂)

 

煎茶とコーヒーのカフェイン量を比べるとコーヒーのカフェイン量が3倍多いことが分かります。

しかし、日本茶の中でも玉露はカフェイン量がコーヒーより多いので飲みすぎには注意が必要ですね。

ちなみに日本では紅茶も馴染みのあるお茶ですが、緑茶も紅茶も同じ茶木から作られているお茶なので、紅茶にもカフェインが含まれています。

緑茶のカフェインにはどんな効果や副作用があるの?

緑茶のカフェインには覚醒作用、利尿作用などがあるので、適量であれば眠気覚ましや集中力アップ、デトックスやむくみ解消などの効果があります。

しかし、カフェインを過剰に摂取した場合は不眠症、下痢、吐き気などの副作用をもたらすこともあるので注意が必要です。

健康な成人はカフェインを400mg/1日まで摂取しても悪影響はないとされています。(参照:欧州食品安全機関)

緑茶のカフェインが20mg/100mlほどなので、単純計算すると1日に緑茶を2l飲んでも問題ないということです。

カフェインの感受性には個人差もありますし、体重によっても処理能力は変わってくるので、過剰に摂りすぎないように心掛けましょう。

緑茶のカフェインが妊娠中や授乳中に与える影響は?

妊娠中や授乳中は食べるものに気をつかいますよね。

お母さんの食べたり飲んだりしたものが赤ちゃんに直接栄養として与えられると考えたら、なるべく悪影響のあるものは避けたいものです。

生活の中で緑茶を口にすることは多いはずなので、緑茶に含まれるカフェインが赤ちゃんに影響しないかどうか気になりますね。

妊娠中や授乳中の人に悪影響のないカフェインの最大摂取量はどのくらいなのでしょう。

妊婦は1日200~300mg、授乳中の女性は1日200mgまでならリスクがないとされています。(参照:世界保健機構、欧州食品安全機関)

妊娠中のカフェイン過剰摂取は胎児の成長が遅れたり、出生時に低体重だったり、早産や死産にも関連する可能性が示唆されているので、摂りすぎないように注意しましょう。

妊娠中や授乳中に全く緑茶が飲めないといわけではないので、食事中や休憩中に緑茶を適量飲むには問題なさそうですね。

緑茶のカフェインは幼児や子供でも大丈夫?

幼児や子供は大人に比べてカフェインの感受性が高いので影響を受けやすいとされています。

年齢や体重によって悪影響のないカフェイン最大摂取量が違います。

 

・4~6歳児 45mg/1日

・7~9歳児 62.5mg/1日

・10~12歳児 85mg/1日

・13歳以上の青少年 2.5mg/1日/kg体重未満

参照:カナダ保険省

 

個人差はあると思いますが、特に子供は夜に飲みすぎないように注意した方がいいですね。

夜に眠れなくなってしまうことで成長ホルモンの分泌が悪くなる可能性もあります。

成長ホルモンは眠り始めてから3時間が分泌量が多く、22時~夜中2時までが一番活発に分泌されるといわれているので、質の良い睡眠をとることは成長期の子供にはとても大切です。

緑茶のカフェインはペットボトルに多く含まれている?

ペットボトル緑茶はたくさんありますが、急須で入れる緑茶と比べてペットボトル緑茶のカフェイン量は多いのでしょうか。

ペットボトル緑茶で人気なのは伊藤園のお~いお茶、サントリーの伊右衛門、コカコーラの綾鷹、キリンの生茶などです。

4社のホームページでカフェイン量を確認したところ、お~いお茶と綾鷹はカフェイン量の明記はしておらず、伊右衛門は約10mg/100ml、生茶は13mg/100mlでした。

どの緑茶にも茶葉由来のカフェインは含まれているので、どこのペットボトル緑茶も急須で入れたときと同じくらいのカフェインが含まれていると考えていいのではないでしょうか。

濃いめの緑茶や玉露を使っている商品などは普通の緑茶商品よりもカフェイン量が高いです。

最近はカフェインゼロの緑茶も販売されているので、カフェインが気になるという人はカフェインゼロの緑茶を試してみるのもいいですね。

 

チャコ

チャコ
お茶どうぞ~

緑茶のカフェインまとめ

緑茶にはカフェインが入っていて、その量は20mg/100mlほどです。

緑茶のカフェインには覚醒作用や利尿作用があり、健康な成人は400mg/1日まで摂取しても悪影響はないとされています。

過剰に摂取すると副作用をもたらす可能性もあるので、特にカフェインの感受性が高い幼児や妊娠中・授乳中は注意が必要です。

緑茶は適量であれば健康や美容に良い効果があるので、うまく生活に取り入れていきましょう。

関連記事

伊右衛門のCMで草なぎ剛が江戸時代の茶屋へ!